女の人

美容外科医院で小顔ケアをはじめよう【効果の高い施術を大公開】

美容整形で小顔になる方法

カウンセリング

身体の負担を少なく済ませる

ほっそりとした小顔に憧れている人は多いのではないでしょうか。しかし、自分の顔は小さいというにはほど遠いという場合は、何故自分の顔が大きく見えているのかを美容外科で診断してもらい、その理由に合った小顔術を利用するのがおすすめです。美容外科で利用出来る小顔術にはいくつかの種類があり、手軽に受けられる施術から手術が必要なものまで様々です。顔を小さくしたいという人の中には、長期間仕事を休めないためダウンタイムが少ない治療を受けたいという場合も多いことでしょう。美容外科で相談すればそのようなニーズに最適な方法も提案してもらえるので、まずは小顔術に定評がある美容外科を探してカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。さて、顔が大きく見えてしまう理由の一つにエラが張っているというタイプの人がいます。エラが張っていると顔の形が四角に見えてしまうことがあるため、悩んでいる人も多いことでしょう。エラが張っている原因がこの部分にある筋肉が発達していることにある場合、ボトックス注射という施術を受けることで簡単に筋肉を小さくしてフェイスラインをすっきりさせることが出来ます。ボトックス注射は徐々に効果があらわれる施術なので、他人からみると自然に顔が痩せたように思われることもメリットとなります。ボトックス注射の効果は数カ月で無くなってしまいますが、繰り返して治療を受けると更に効果が続くようになるのは便利です。なお、エラが張っている原因が骨格のせいである時は手術をすすめられることもありますが、まずは医師に診察を受けて判断してもらいましょう。次に顔が大きく見える原因として脂肪がついているタイプの人がいますが、このタイプの人には注射するだけで脂肪を分解したりリンパの流れを改善したり肌を引き締める作用を持つBNLS注射がおすすめです。BNLS注射は植物から抽出した成分が主な成分となっていることが特徴で、体にとって安心な成分を使った小顔術であることが良い点になります。通常、ダイエットをしても顔を痩せさせるのは難しいことが多いですが、BNLS注射を顔の気になる部分に注射すると脂肪を分解し溜まっていた老廃物と共に体外へ排出することを促すため、すっきりしたフェイスラインを目指せます。またこの治療法はダウンタイムがほとんど無いので、忙しい人でも受けやすい点も魅力です。その他に小顔になりたい人が選べる治療法としては、頬の深い部分に位置しているバッカルファットという脂肪の塊を手術によって除去する方法も効果的です。バッカルファットは年齢を重ねると共に頬のたるみの原因にもなってしまうため、バッカルファット除去を行うと顔を小さくする効果とたるみを改善する効果の両方が得られて理想のフェイスラインに近づけることが期待出来ます。この治療を受けるには、口の中の粘膜を切開して手術を行う必要がありますが、麻酔をしてから手術をするので手術中に痛みを感じることはありませんし、傷跡も口の中に残るため後で目立つことが無いというメリットがあります。美容外科で受けられる小顔術には、たるみが原因で顔が太って見える人に最適なリフトアップ治療などもあるので、自分の顔にはどの治療が効果的なのかを医師に相談して、小顔を目指してみてはいかがでしょうか。