女の人

美容外科医院で小顔ケアをはじめよう【効果の高い施術を大公開】

原因から選ぶ施術方法

看護師

きれいなフェイスラインを手に入れる

顔のむくみや余分な脂肪を除去するためには、普段からフェイシャルマッサージを行うようにすると顔のリンパの流れを改善してむくみや老廃物を排出させる助けとなるので小顔ケアを行うことが出来ます。またダイエットを日常的に行っている方も顔周りに付いてしまっている脂肪を燃焼させることが出来るので、顔をすっきりシャープな印象に仕上げることが出来るメリットがあります。ただ顔のむくみをなくして脂肪を落としても、顔のサイズに変化が出ないという方は、骨格的な問題であったり頬の周りに付いている筋肉が発達してしまっていることでエラが張っている状態により顔が大きく見えてしまっている恐れがあります。頬についている筋肉は食事をする際などに噛む働きをする咬筋と呼ばれており、日常的にスポーツを行っている方などは力を入れる際に噛みしめる動作を行う事が多く、この噛みしめを普段からおこなるクセが付いてしまっていると咬筋が過剰に発達してしまい顔を大きく見せる原因となります。また咬筋が発達してまう原因として就寝時の歯ぎしりも挙げられます。歯並びが悪い場合に噛み合わせが悪いと口を自然に閉じることが出来ずに無意識に噛みしめを行ってしまうことで歯ぎしりを引き起こします。噛みしめは力を出す際や、食事をする時に大切な機能ですが高い頻度で行ってしまうと体に負担をかける危険があるので早めに対策を行う必要があります。骨格が原因で顔が大きく見えてしまう場合には骨切り術と呼ばれる大掛かりな手術を行う必要がありますが、骨を切除する方法は後遺症が発生しやすく体への負担が大きいため美容効果が高い反面デメリットも大きい特徴があります。そこで体への負担を減らして小顔になる方法として注目されているのがボトックスを利用した注射を咬筋に直接打つ方法です。ボトックスとはボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種で筋肉に直接打つと一過性の麻痺を引き起こすため、その部位の筋肉が通常よりも働きにくくなることで筋肉量が落ちて細くなる仕組みとなっています。筋肉の働きを麻痺させるというと治療に不安を感じる方も多いですが、これは入院患者が体を長期間動かせないために退院する際に体の筋力が低下してしまう状態に近いので、咬筋のちからが落ちてしまっても顔やあごを動かす筋肉は他にもあるので、食事には特に問題はなく日常生活も普段通りに過ごすことが出来るようになります。また美容外科や美容皮膚科では小顔ケアとしてボトックス注射を利用する他に、表情筋が原因で出来るおでこや眉間の深いしわの美容施術を行う際にもボトックス注射を行うなど様々な方法に利用されていることや、実際に小顔治療に使用するボトックスは生産地各国での認可を受けている安全性の高い製剤を使っているので体に注入しても後遺症などが起こりにくく安心して施術を受けることが出来る点も支持されています。ボトックス注射を受けると小顔効果を得られるだけではなく、噛む力が落ちるようになるので食事をする際にしっかり噛むクセが付くようになり、今まで早食いだった方もゆっくり食事がとれるようになるのでダイエットにも効果的です。