小顔になったらイメージも変わる♪

美容外科医院で小顔ケアをはじめよう【効果の高い施術を大公開】

小顔を手に入れる

顔を触る人

小顔になるためには普段の生活習慣を見直してみることが大切です。特に食生活は大きな影響を与えると言われており、塩分やカロリーの多い食事をしている人などは注意が必要です。食事でも改善できなければ、美容整形クリニックに相談しましょう。効果の高い施術を受けることができます。

小顔効果のある美容施術

医師

人気の美容施術で小顔効果

顔を少しでも小さく見せるため、普段からスキンケアの一つとして美顔器や美顔ローラーを活用して、顔から首筋にかけてのマッサージを行っている方は少なくありません。最近は高機能な美容機器も多く販売されており、その機器を使用することで顔の血行やリンパの流れを改善して肌にハリを出し、様々な美容効果を得ることが出来ます。お手入れ方法によっては、一日の疲れによるむくみを改善出来るなどのメリットもあります。しかし、脂肪ではなく顔の筋肉が発達していることにより顔が大きく見えてしまっている場合は、マッサージの効果が期待出来ません。どんなにセルフケアを行っても顔の大きさを変えることは出来ないため、自分で行うお手入れには限度が出てきてしまいます。特に口を噛みしめた際に横に出っ張る部分は主にエラと呼ばれ、咬筋が過剰に発達してしまうことで、通常の顔より大きく見えてしまっている恐れがあります。咬筋の発達は健康上そのままにしておいても特に問題は無いですが、過剰な発達は普段から噛みしめがクセになってしまっている可能性があります。歯ぎしりによる歯の摩耗や顎への負担、そして常に筋肉が緊張している状態により体に疲労感が蓄積しやすいなど、様々なデメリットが出てくるので、早めに対処を行う必要があります。美容外科ではこのような顔の筋肉を細くして、すっきりとした小顔に仕上げる治療方法としてボトックス注射の美容施術が人気になっています。ボトックス注射とは手術を行わない治療であるため、短時間で施術を済ませることが出来る上に、肌に跡が残りにくいという特徴があります。後遺症も起こらないことから、誰でも気軽に始めることが出来る美容施術として人気が高くなっています。そのため、今まで切開するのが怖くて施術を受けられなかったという人でも、ボトックス注射なら受けやすくなっています。注射に使用されているボトックスとは、従来は眼科・神経内科で眼瞼や顔面痙攣などの治療に使用されてきました。ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質を筋肉に注射すると、アセチルコリン分泌阻害のために一過性の筋肉麻痺が起こります。それにより、エラの筋肉が動きにくくなることで太かった筋肉が衰えて、細くさせることが可能です。ただ、一過性だとしても顔の筋肉が動きにくくなるのは日常生活に影響が出てしまうのでは、と不安に感じる患者様も多いでしょう。しかし実際は顔を動かす表情筋は咬筋だけで構成されておらず、他の筋肉の助けもあって動かすことが出来ます。食事をする際にしっかりと咀嚼を行うことも可能ですし、日常生活も問題なく過ごすことが出来るので、安心して施術を受けられます。このように、顔の表情筋が原因で起こる深いシワなども美容施術に活用することが出来ることや、最近では腋臭症やワキガ、多汗症などの臭いの原因となる症状にもボトックス注射は利用されているため、小顔治療だけではなく美容外科ではかなりポピュラーな施術として多くの方が施術を受けている傾向にあります。ボツリヌス菌は毒素の扱いですが、美容外科で使用されているボトックス製剤は生産地各国での認可を受けている安全性の高い製剤が利用されているため、初めて小顔治療を受けるという方でも安心してケアを受けることが出来ます。

美容整形で小顔になる方法

カウンセリング

美容外科では小顔になりたい人に役立つ施術を何種類か用意しています。小顔になりたい人の中にもどの部分が顔を大きく見せているのかという違いがあるので、色々な施術の特徴を知って自分に最適な方法を利用しましょう。

原因から選ぶ施術方法

看護師

小顔効果を得る方法として美容外科では様々な美容施術を受けることが可能ですが、その中でも特に人気が高いのがボトックス注射を打つ方法です。体への負担が少なく後遺症も起こらないので安全な施術として注目されています。